研究室

続・龍馬の「八策」の「前文」に関する一考察

「八策」の「添状」か土佐藩の建白を受け入れた将軍徳川慶喜は慶応三年(一八六七)十月十四日、朝廷に大政奉還を願い出、翌十五日に勅許された。坂本龍馬は大政奉還後、諸侯会議(十万石以上の大名会議)を経て誕生するであろう新政権につき、その構想するところを八カ条に分けて記し、示す。いわゆる...